PROFILE

川口智子

1983年生まれ。東京学芸大学大学院修了。劇作家・演出家の佐藤信に師事。2008年よりサミュエル・ベケットの新訳上演シリーズ「beckett café」で演出活動を開始。自身のプロジェクトとして2010年よりサラ・ケイン『洗い清められ』(訳:近藤弘幸)の連続上演“Cleansed Project”を企画・演出し、4つの異なる上演をつくり上げた。2014年より“Cleansed”に続く最終章としてケインが未発表のままにした幻の作品“Viva Death”を、不在のテキストとして上演する企画を開始。『#1天使ソナタ』(NPO法人ジャパン・コンテンポラリー・ダンス・ネットワーク「踊りに行くぜ!!」2、2015年)、『#2戀鳥歌―LUEN NUI GOH―』(主催:JCDN、協力:香港シティ・コンテンポラリー・ダンス・カンパニー、2017年)を発表。

2013年~2017年、香港のドキュメンタリー映画監督・卓翔とともに「絶対的」プロジェクトを開始。東京と香港のアーティストの交流の場を開き、多言語による『絶対飛行機』(作:佐藤信)を上演。

2018年より、サラ・ケインの遺作『4.48 PSYCHOSIS』上演に取り組む。イギリスのサラ・ケイン研究者、ニーナ・ケイン(キャスト・オフ・ドラマ芸術監督)をドラマターグに迎え、サラ・ケイン没後20年にあたる2019年に本公演、国内外でのツアーを予定。

東京学芸大学非常勤講師。横浜の小さなアートセンター若葉町ウォーフ アーティスティック・アソシエイト。

2018年横浜市クリエイティブ・チルドレン・フェローシップ採択。


Tomoco KAWAGUCHI

Born in 1983. Graduated from Tokyo Gakugei University Master of Arts. Studied under Makoto SATOH, a playwright, a theatre director. In 2008 she started her carrier as a Director. 

In 2013‐2017, Tomoco and Cheuk Cheung, a film director in Hong Kong, launched cultural exchange project “Absolute Airplane”. This project involved young artists in Tokyo and Hong Kong, also have got different backgrounds including traditional performing artists. 

In 2018, Tomoco has prepared to present "4.48 PSYCHOSIS". the last play by Sarah Kane. Dr. Nina Kane, the scholar of Sarah Kane, Artistic Director of Cast-Off Drama, UK, has joined this project as Dramaturg. In 2019, the year of 20th anniversary of Sarah Kane's death, they will present full-scale version of "4.48 PSYCHOSIS" in Japan and overseas cities.

Part-time Lecturer of Tokyo Gakugei University. Artistic Associate of Wakabacho Wharf. 2018 Arts Comission Yokohama Creative Children Fellowship.